決済代行お伽話の巻

さて、今回は決済代行をわかりやすくお伽話風に語ろうと思います。

この話で、決済代行の重要性がきっとわかるでしょう。

ある所に商売上手な狸がいました。

そんな狸の所に狐がやって来て、狸の店で買い物をします。

そして万能手形である葉っぱを出しました。

狸は言います。

うちではその葉っぱはつかえないよ。

狐は愕然としました。

そしてそのまま去っていったのです。

さらに数日後、狸の店に小鳥がやって来てドングリマネーで買い物をしようとしますが狸の店では使えません。

そしてそのまま小鳥は帰って行きました。

それから数ヶ月、狸の店には同じ狸のお客さんが一匹も来ないのです。

狸の店は物が全然売れなくて困り果ててしまいます。

その時です、どこからともなくウサギがあらわれて狸に言いました。

今時、葉っぱもドングリも扱ってないようでは店が潰れるよ、私が神様に頼んで狸のお金に変えてもらってくるから、お礼をちょいとばかり下さいな。

狸は喜んでウサギにお礼を渡しました。

それからと言うもの、狸の店では、色々な動物たちが買い物を楽しめるようになり狸とウサギはお互いに喜びました。

めでたしめでたし。

さて、ここで説明を開始しますと、狸が店子業者で狐や小鳥はそれぞれ電子マネーやクレジットカードを使う客だと考えて下さい。

そしてウサギは決済代行業者で神様はカード会社や電子マネー会社です。

この物語の論点は狸の国の狸の客つまり、共通の貨幣をもったお客様が全然いないという点が重要と考えて下さい。

国際社会になった昨今ではクレジットカードや電子マネーが使えない店ではやっていけないよとウサギが忠告します。

その忠告を聞く狸ではありましたが、狸にはどうすれば良いのかわかりません。

そこで決済代行業者であるウサギの出番です。

ウサギには神様、つまりカード会社とのルートがあり、狐がクレジットカードを使うとウサギが仲介人となってカード会社と取引をします。

そしてウサギから狸に報酬がもらえるという仕組みです。

その時ウサギは狸からお礼として手数料を貰うわけです。

いかがでしたか、これが決済代行の仕組みです。

分かりやすく説明できたか、いささか心配ですが

決済代行の様々な話はコチラへ

上記のサイトにて、もう一段階詳しい内容が確認できるようです。

是非ともご参考下さい。